未分類

情報源: なんと100万円超えの「2001年宇宙の旅」に登場した「ディスカバリー号」プロップ完全再現モデル登場 – GIGAZINE

    未分類

    情報源: 唯一の国産「電卓」はクセになる打鍵感――バレンタインギフトにピッタリかも – Engadget 日本版

      未分類

      情報源: 【1秒で分かる戻し方】インスタグラムが英語になって日本語に戻せない人へ

        未分類

        情報源: スマホをデジカメっぽく使えるシャッターグリップ「SNAP! Grip」国内販売開始 – Dream Seed

          未分類

          情報源: 覆面パトカーが見た目で判別できるポイント9つ | ガジェット通信 GetNews

            未分類

            情報源: 正しい咳のエチケット「手で覆う」ではなく「上着の内側」

              未分類

              情報源: なぜスクショ?スマホネイティブ世代がコピペしない理由 | 日経 xTECH(クロステック)

                未分類

                情報源: 衝撃映像!公官庁も騒然「掃除ロボット」人類に反逆を開始か!? | 秒刊SUNDAY

                  未分類

                  情報源: メディア間データ移行が高速でスムーズ!5スロット同時認識のカードリーダー発売 | CAPA CAMERA WEB

                    Android, スマートフォン

                    Motorolaが新スマホ「moto g7」シリーズを発表!Lenovo傘下のMotorola Mobilityは7日(現地時間)、新たに「moto」シリーズにおける2019年モデルとして普及価格帯のミッドレンジスマートフォン(スマホ)「moto g7 plus」および「moto g7」、「moto g7 power」、「moto g7 play」の4機種を発表しています。各機種ともにブラジルとメキシコで2月7日に発売されるほか、欧州各国・地域では2月中旬から順次販売され、価格はmoto g7 plusが299.99ユーロ(約37,000円)、moto g7が299ドル(約33,000円)、moto g7 powerが249ドル(約27,000円)、moto g7 playが199ドル(約22,000円)と案内されています。その他の販売国・地域は、moto g7 plusがオーストラリアおよび南米などのその他の国・地域では今後数ヶ月に渡って、moto g7がアジア太平洋地域や南米、北米で来月から、moto g7 powerがインドで数週間、アジア太平洋地域および南米、北米で来月から、moto g7 playが北米や南米などの多くの国・地域で来月以降に販売開始されるとのこと。なお、日本での販売については公式には明らかにされていませんが、各種認証機関における情報からmoto g7 plusやmoto g7、moto g7 powerについては日本向けに販売されることを示す内容が示されており、今春以降に投入されると見られます。

                    情報源: Motorola、お手軽価格なボリュームゾーン向けミッドレンジスマホ「moto g7 plus」や「moto g7」、「moto g7 power」、「moto g7 play」を発表!日本でも発売へ – S-MAX