未分類

情報源: iOS 13発表まとめ。アプリ起動速度2倍・ダークモード・写真機能刷新 – Engadget 日本版

    未分類

    情報源: タムロン SP 35mm F/1.4 Di USD 英国で発表報道 スペックと価格が明らかに デジカメライフ

      未分類

      情報源: ニコンが位相差AFを廃したハイブリッド一眼レフの特許を申請していた(NEW CAMERA) | Dmaniax.com

        未分類

        旧料金プラン+docomo withのままでもスマホおかえしプログラムは利用可能!購入手続きを紹介既報通り、NTTドコモは1日、新料金プラン「ギガホ」および「ギガライト」などを提供開始し、合わせてこれまでの旧料金プランやそれに付随した「月々サポート」および「端末購入サポート」、「docomo with」などの割引やオプションなどは新規申込受付を終了しました。すでに紹介しているように新料金プランは総務省が推進する通信料金と製品代金を分ける“分離プラン”となっているため、同時にスマートフォン(スマホ)などの製品についても各種割引がなくなり、機種によっては価格が改定され、新たに36回払いが導入されるなどしています。また36回払いで購入した場合に対象機種なら24回目を支払った後に製品を返却すると残りの残債が免除される「スマホおかえしプログラム」も提供。これは加入しても返却しなくても良く、返却しないと単に残債の免除がなくなるだけとなっています。このように通信料金や製品代金の仕組みが大きく変わりましたが、NTTドコモでは既存利用者が旧料金プランや月々サポート、docomo withなどを継続して利用できるようにしています。特にdocomo withについては永年1,500円(税抜)が割り引かれるため、旧料金プランのまま継続したほうが安いという人が多いかと思います。そこで今回はさっそく公式Webストア「ドコモオンラインショップ」にて「2019年夏モデル」の最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S10 SC-03L」をdocomo withを継続したまま購入してみたので流れや注意点などを紹介したいと思います。

        情報源: ドコモオンラインショップでdocomo withのまま2019年夏スマホ「Galaxy S10」を購入してみた!旧料金プランでもスマホおかえしプログラムは利用可能【ハウツー】 – S-MAX

          未分類

          情報源: 動画機能を強化したフルサイズミラーレス「LUMIX S1H」をパナソニックが海外で開発発表!

            未分類

            情報源: iOSで「Google レンズ」が大復活!! – Jetstream BLOG

              未分類

              2018 年に NTT ドコモ と au がリリースした Galaxy Note9 は MNP 一括 1 円な…

              情報源: ドコモ版 Galaxy Note 9 SIM フリー 未使用品、ようやく 92,800 円(税込)まで下落。 | Skyblue

                未分類

                情報源: ASUS新Zenbook Pro Duoのサブタッチスクリーンは MacBook Pro のタッチーバーなんてメじゃない! | Dmaniax.com

                  未分類

                  情報源: この「デザイン」ならまさに「フルモデルチェンジ」に。「Galaxy Note10」のレンダリング画像が公開に。 | Gazyekichi

                    未分類

                    docomoからもGoogleスマホ「Pixel 3a」が登場!写真と動画でチェック既報通り、NTTドコモが今夏以降に発売する「2019年夏モデル」としてGoogleが5月8日に発表したスタンダードスマートフォン(スマホ)「Pixel 3a」(Google製)を2019年6月上旬に発売すると発表しています。国内ではすでに日本のGoogle ストアで販売されるSIMフリー版とSoftBank版が販売されていますが、NTTドコモからも販売されることになりました。なお、NTTドコモでも発売に先立ってすでにドコモショップや量販店などのドコモ取扱店および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が実施されており、価格(税込)は本体価格が46,656円となっています。一方、Google ストアでは48,600円、SoftBankでは57,120円となっており、NTTドコモが価格では最も安くなっていますが、SoftBankではさらに半額サポート利用時の実質負担は28,560円からと案内されているものの、NTTドコモでは新たに提供開始される「スマホおかえしプログラム」は対象外となっています。昨年秋に発表されて国内でも同様にGoogle ストアやNTTドコモ、SoftBankから販売されている「Pixel 3」シリーズは約10万円以上の本体価格設定に対し、新たに投入されるPixel 3aはGoogleが“Pixel 3の約半額”と言うようにお買い得感も高く、カメラ性能はPixel 3シリーズと同等を謳うなど、Pixel 3の良さはそのままに価格を抑えたバリューモデルとして注目を集めています。今回はNTTドコモの発表会におけるタッチ&トライコーナーでPixel 3aに触れることができましたので、Pixel 3aの外観や筆者が利用しているPixel 3との比較を写真や動画を交えながら紹介します。なお、Pixel 3aシリーズには大画面モデル「Pixel 3a XL」もラインナップされており、Google ストアやSoftBankでは販売されていますが、NTTドコモでは取り扱われません。

                    情報源: NTTドコモからも販売されるGoogleが送り出したバリュースマホ「Pixel 3a」を写真と動画で紹介!上位モデルのPixel 3と同等のカメラを搭載【レポート】 – S-MAX