ホーム > Monologue > 青色LEDの発明対価

青色LEDの発明対価

Mainichi INTERACTIVE ニュースセレクションに、「青色LED訴訟:発明対価200億円 中村教授への支払い命令」という記事が載っています。
今後、企業側が技術者・研究者に支払う対価について、十分な配慮が必要になりそうですね。
また、他にもこのような訴訟が増えそうな気も。
【追記】
と、書きましたけど、訴訟費用が4000万円を超えるという話を聞き、増えそうもないなぁ、と思いました。
日本における大きな問題点なんですね。

カテゴリー: Monologue タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。