未分類

Google I/O 2019にて次期OS「Android 10 Q」を解説!Beta 3もリリースGoogleは7日(現地時間)、アメリカ・カルフォルニアにある「Shoreline Amphitheatre」にて2019年5月7日(火)から5月9日(木)までの3日間に渡って開催される開発者向けイベント「Google I/O 2019」( https://events.google.com/io/ )の基調講演を行い、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向け「Android」の次期メジャーバージョン「Android Q」についての詳細を説明しました。Android Qは今夏に正式版が提供開始される予定で、今年3月に先行プレビュー版「Android Q Beta」の初期バージョン(Android Q Beta 1)がリリースされ、さらに4月に第2弾「Android Q Beta 2」が提供開始されていましたが、Google I/O 2019に合わせて新たに第3弾「Android Q Beta 3」が配信開始されています。また今回のAndroid Q Beta 3からGoogleブランドの「Pixel 3」や「Pixel 3 XL」などの「Pixel」シリーズのスマホだけではなく、他社のEssential PhoneやXperia(SONY)、ZenFone(ASUS)、Huawei、OPPO、Nokia、LG、vivo、realme、OnePlus、Xiaomi、TECNO Mobileといったメーカーの21製品でも「Android Beta Program」( https://g.co/androidbeta )で試せるようになっています。本記事ではGoogle I/O 2019の1日目の基調講演(Keynote)において紹介されたAndroid Qの特徴について紹介します。なお、Android Qのバージョン番号が「10」であることが案内されましたが、お菓子の名称が付けられる開発コード名は明らかにされておらず、今後、正式版のリリースとともに発表されるのではないかと見られます。

情報源: Google I/O 2019にてスマホなど向け次期OS「Android Q」を説明!Beta 3を公開し、Pixel以外のEssential PhoneやXperia、ZenFoneなどの21製品でも利用可能に。バージョンは「10」に – S-MAX